春名風花の家族についてのまとめ。母親と弟についての調査!

春名風花といえばツイッターでも社会的な問題などに疑問を呈したり一人称が「ぼく」というように僕っ娘だったり自分の意見をはっきりと持っていますがどんな風に育ったかについても気になりますね!。

そこで今回は春名風花を育てた母親やその家族を調べました。

  • 春名風花の母親の疑惑やエピソード
  • 春名風花の弟について

春名風花の母親【画像】

春名風花の母親は春風郁世(はるないくよ)さんです。出身は関西で、この母親が春名風花を子役として育てました。

出典:最新ニュース!芸能エンタメまとめサイト

春名風花は0歳児の頃からモデルとして活動し、4歳からは子役事務所の「クレヨン」に所属して子役として活躍していました。

母親に疑惑・・・

3歳の頃から携帯電話を買い与えられてブログを更新し9歳からツイッターもやっていましたが文章が論理的なため母親がやっているのでは?と疑われていました。

出典:imugr

そんな時に春名風花のツイッターで母親が誤爆したと言われている原文です。

春名風花「@asa_nama麻生さんこんにちは。今のアイコンの写真は、彼女がツイッターを始めた頃。一番楽しかった時代…」

どうでしょうか?自分のアカウントにも関わらず春名風花のことを彼女と言ってしまっています。「彼女が」というのは明らかにおかしいですよね。

おそらく複数あるアカウントの切り替えをミスってリプライを送ってしまったようです。子役ですし話題作りのためにやったのでしょうか?これには疑問を持った人達も多かったようです。

真相はわかりませんがどうなんでしょう?

母親人物像・オーディションでのエピソード!

春名風花が小さい時のオーディションでの母親とのエピソードも見ていきたいともいます。

泣く演技を求められた時に、大人のスタッフからお母さんが死んじゃうことを想像してごらんと言うんです。

5歳のころ、不安になって母にお母さんって、すぐに死んでしまうの?と聞きました。

母は関西の出身でお母さんは不死身やから永遠に生きてるで

笑わせてくれて、安心した覚えがあります。

出典:中日新聞

春名風花の母親はエピソードからも関西人らしく面白い方でしたね。スタッフの例えは5歳児に対してはどうかと思いますが、お母さんの返しはユニークでしたね!

そんなお母さんですが検査を受けて肺に白い影があった時には「ガンかもしれない」と当初はすごく不安でしたが再検査で亡くなる人もいる難しい病気だということがわかるとガンでなくてよかったとポジティブに考える性格です。詳しい病名はわかりませんが亡くなってしまうこともある病気だったにもかかわらずこういった捉え方ができるというのも春名風花にも影響を与えている節がありそうです。

実際に春名風花から見た母親の印象はというと・・・

母は強く、ずぶとく、おもしろい人。そんな母から大きな影響を受けて育ったのが、ぼくという人間です。

出典:中日新聞

コメントからも前向きで面白い母親なことは間違いないみたいです。この母親がいることで子役として活躍した春名風花がいるようですね!!。

スポンサーリンク

春名風花の弟・春名柊夜

春名風花の弟は俳優の春名柊夜(はるなしゅうや)です。

出典:narrow

姉の春名風花とは一つ違いです。美人なお姉さんにに似てイケメンです!。自身のツイッターでポエムや独自の考えを呟いており、姉の春名風花を彷彿とさせます。

ドラマには『ちびまる子ちゃん』や『おそろし〜三島屋変調百物語』に出演しています。他にもバラエティ番組やCMにも多数出演しています。

春名風花と弟の春名柊夜はどちらの名前がカッコイイかでケンカしたり、食べ物のことでケンカしたりととても仲の良い姉弟のようです。

姉の春名風花は弟の誕生日には百合が趣味の弟のために図書カードを贈るそうです。

春名風花とは仲良し姉弟のようですね!。ちなみに弟とおもちゃの取り合いになった時には弟ににお金を払って、おもちゃを買っていました。姉弟そろって俳優なので今後の共演も期待できますね。

春名風花の母親と弟についての調査でした。

【はるかぜちゃん】春名風花が『ぼく』を使う理由はアニメ!『ぼく』を使い続けている理由は?

2021年2月24日

【はるかぜちゃん】春名風花の子役時代まとめ!ブレイクのきっかけは”ウソ泣き”

2021年2月24日

春名風花がしくじり先生に出演!子役時代は1泣き5万円の拝金主義の銭ゲバ!

2021年2月27日

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)