ガクトの本名の大城学の読み方は「さとる」今の本名は大城ガクトに改名!

ミュージシャンや俳優・バラエティなどでも活躍するガクトさん。2017年12月26日に本名をブログで初公開しました。本名は大城ガクトといい参画する仮想通貨事業に対し責任を持つという意味で本名の初公開に踏み切ったようです。

今回はガクトさんの本名について調べていきます。過去の本名の読み方や名前の変化についてまとめています。

ガクトの本名!出身は滋賀ではなく沖縄?!

ガクトさんの出身地は沖縄県滋賀県とよく言われています。実際にはどちらも正解で厳密には沖縄の糸満市生まれで幼少期を沖縄で過ごし、その後は滋賀県の栗東市で育ったそうです。そのため沖縄生まれ滋賀育ちというのがガクトさんの出身地になります。

移り住んだ理由には両親の離婚が原因と言われています。父親の出身地が沖縄で母親の地元が滋賀のため離婚により母親に引き取られたガクトさんは母方の地元の滋賀に移り住んでいます。

スポンサーリンク

ガクトの本名!卒アルには名前はナシ!!

ガクトさんの卒アルがネット上には流出しています。

引用:レジュメディア

残念ながら卒アルから名前がわかる画像は出てきてはいません。ガクトさんは学生時代から雰囲気のあるカッコイイ生徒だったようですね!!。制服の改造をしていたこともあるんだそうです。

引用:進化への道

高校時代はドラムにハマり、音楽活動に熱中していたので進学校には通っていましたが勉強のほうは全然だったそうです。

スポンサーリンク

ガクトの本名!年齢は

ガクトさんは年齢不詳のイメージがありますが、年齢を公表しています。

1973年7月4日生まれの47歳です。(2020年現在)

一説にはサバ読みをしているとの疑惑もあり、本当は50歳を超えているとのウワサもありましたがサバ読みに関してはしていないようです。47歳を超えてもあれだけの外見とは恐れ入りますね!!。

スポンサーリンク

ガクトの本名!改名は簡単に可能?!

実は名前は意外と簡単に変えることもできるようです。

世間では「改名」というと難しいイメージが強くあります。ですが、改名することは条件さえ満たすことが出来ればそれほど難しくはありません。なのでガクトさんも改名をした可能性があります!。

名前を変更するための条件がコチラですが・・・

  1. 変な名前であること
  2. むずかしい名前のため正確に読むことが出来ない
  3. 同姓同名の人がいて使い勝手が悪い
  4. 異性と間違われる
  5. 外国人と間違われる
  6. 神官や僧侶になる、またはやめた
  7. 通称として長年使用した
  8. その他

改名の条件は以上のものでガクトさんの場合は7番の通称として長年使用したことで、名前を変更することは比較的に容易です。

ガクトさんは芸名としてこれまでにかなりの年数に渡り「ガクト」という名称を使用しています。

いつごろ変更したのかについてはわかりませんが、少なくとも2017年に名前を公表しているため、その間20年以上は公私共に使用している名前です。そのためガクトさんの場合は比較的簡単に名前を変更できるようです。

スポンサーリンク

ガクトの本名!漢字ではなくカタカナ!

ガクトさんは長年に渡り、「ガクト」という名称を使ってきました。芸名はGackt(ガクト)や別名義で神威楽斗(かむいがくと)という物でした。

改名したと考えると今まで使用してきた名義の漢字や英語を使ったものではないことも気になりますね。

カタカナの名前というのも多くはありませんがおばあちゃんの名前には時々見かけますね。理由には時代背景があり、文字の読み書きはできても漢字まではあまり知らないことがあってカタカナの名前が使われていたそうです。

なので、ガクトさんも漢字を知らなかったのかも(笑)。

冗談は置いていてガクトさんが改名をしたとしてカタカナを選んだ理由は名前にはカタカナはあまり使われてはいませんし、やはり珍しいからなのかもしれないですね!!。本人が選んだことでしょうしカタカナを気に入ったのでしょう。

ガクトさんであれば英語でもしっくりきそうですが、やっぱりそこは日本人ですしわかりやすくしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

ガクトの本名!岡部学の読み方はまなぶではなくさとる?!

公表はされていませんがガクトさんの以前の名前だと言われているものに岡部学という名前があります。学という名前はまなぶやがくと読まれますが、ガクトさんの場合はさとると言われています。

あまり使われることはありませんがちゃんとした読み方のようです。他にも「学」という字の他の読み方には「あきら」「さと」「さとる」「さね」「たか」「のり」「ひさ」「まなぶ」「みち」という物があるようです。

スポンサーリンク

ガクトの本名!本名は?

ガクトさんの本名の変化についても調べていきます。自身が公表しているのは大城ガクトのみです。

岡部学(さとる)⇒両親の離婚・大城学(さとる)⇒祖母の養子になる・大城学(がく)⇒名前公表・大城ガクトだと言われています。判明しているだけで3回も名前が変わっているようですね。

ガクトさんは名前の変化だけ見ても波瀾万丈な人生をおくってきた気がしますね。

余談ですが2009年にはgacktからGACKTに改名をしています。気づいていましたか?すごくどうでもいい情報でしたね(笑)。

スポンサーリンク

ガクトの本名!公開した理由は?

ガクトさんが本名を公開したのには仮想通貨事業SPNDLE(通称:ガクトコイン)に本気だと示すことを目的に公開したと本人は話していますが、開始当初こそ220億円の資金を集めましたが今も通貨として存在はしていますが価格は暴落しほとんど無価値になっています。

そしてガクトさんは仮想通貨事業からすでに撤退をしており、本名を初公開した事業は失敗に終わってしまったようです。

他に本名を公開した理由に思い当たることは改名が済んだことも理由の一つと言われています。仮想通貨事業は本名の発表の場には好都合だったのかもしれませんね。

以上がガクトの本名についてでした、最後まで読んでいただいてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)