インハンドの松下優也の英語力がヤバい!語学力の理由は渡米経験や音楽のルーツが理由?

松下優也の披露した英語がとても上手だと話題になっています。

高身長でカッコいいルックスだけでなくダンスや歌のうまさにも定評がある松下優也ですが、その上英語までしゃべれるようです。

ドラマ内で英語披露したことで世間やドラマのスタッフからも語学力を認められています。また英語力に関してや上手な理由についても調べましたのでそちらも併せてご覧ください。

ドラマ流暢な英語をで披露!

 

この投稿をInstagramで見る

 

📸#throwback

松下優也 Yuya Matsushita(@matsushitayuya)がシェアした投稿 –

松下優也は「べっぴんさん」や「インハンド」などで流暢な英語を披露したことが話題です。

ドラマ内の英語のシーンやシュチエーションなどを調べました。

朝ドラ『べっぴんさん』で英語のスピーチ!

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に岩佐栄輔役で出演しました。

役どころはヒロインのすみれ(芳根京子)の幼馴染で実家の坂東営業部の番頭の息子・野上潔(高良健吾)の友人でヒロインのすみれに恋をする設定でした。

劇中ではアメリカから帰国し、英語でスピーチをする場面もあり、劇中での英語の発音がとても上手だと話題になりました。

一文だけでしたがとても流暢な英語です。発音もキレイですし、すごくかっこよかったですね!!

上手でカッコいいのでもっと英語で話している場面が見たいとの要望が多くありました。

ちなみに松下優也はかなりのおばあちゃんっ子で小さい頃から朝ドラを毎日一緒にみていたそうです。『べっぴんさん』への出演が決まった際「わかりやすいおばあちゃん孝行ができてよかったです。」とコメントしています。

語学も素晴らしいですがおばあちゃん想いだったりとスキがありませんね。ルックスやダンスに演技に加え語学までできるので本当にパーフェクトヒューマンです。

ドラマ『インハンド』撮影スタッフも驚愕の英語力!

主役の山下智久もサポートをつけずにハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーにインタビューをできるほどの英語力を持っていますが、その山下智久に勝るとも劣らないレベルの英会話を松下優也は劇中で披露しています。

ドラマのスタッフにも完ぺきと評されるレベルです。

コチラがそのシーンです。

ごくごく自然に話していますね。英会話をごくごく普通に話せています!!

『べっぴんさん』ではスピーチの一言だけでしたが『インハンド』では普通に会話をしていますね。

確かに話題になるレベルで松下優也の英語力は大したものです!。

『インハンド』に出演していた山下智久は英語力を生かして海外ドラマのHuluオリジナル「THE HEAD」にも出演し、世界に活躍の幅を広げていますが、松下優也も語学力ではまったく劣っていないので今後、海外で活躍も期待できます。

スポンサーリンク

松下優也の英語に対しての世間の反応!

ドラマの中で披露した英語の印象についても調べていきます。

反応について調べましたが松下優也の英会話は予想以上に高評でした!。松下優也のことを知らない人もいましたがそういった人達でも英語は凄く上手といった印象でした。

ファンでもそうでない人にも語学力は認められるのは単純にすごいですね!。

スポンサーリンク

松下優也の英語力はどのくらい?

松下優也の英語力についても見ていこうと思います。

役者として役に応じた性格のキャラクターを英語で演じることができているので、単純な語学力だけでなく応用も可能でレベルは高いと考えられます。

1曲まるまるを英語で歌っていることもあるので歌唱力に通用する語学力も備わっています。

語学力はネイティブとまではいきませんが、日常会話で困ることはなさそうです。その上、演技や歌唱、英会話のレベルを見るに単純なスキルのみでなく相当のレベルなことがうかがえます。

スポンサーリンク

松下優也の英語が上手な理由!

松下優也の英語が上手な理由について過去の経験などを踏まえ、その理由を探りたいと思います。

松下優也の英語が上手な理由その①音楽は洋楽中心

gospel

出典元:youtube

英語が上手な理由の一つには音楽を洋楽中心に学んだことに理由があります。

12歳からスクールに入り本格的にボーカルとダンスのレッスンを受けていました。

小さい頃から歌が好きだった松下優也ですが、一緒に住んでいた祖父と祖母が演歌好きでよく一緒にカラオケに連れて行ってもらっていました。

そいった環境で育ち、そんな時に『紅白歌合戦』でW-inds.を見てこんな風になりたいと意識するようになります。

「自分も歌って踊る人になりたい。なれるんや、そういう人に”って」

出典元:livedoorNEWS

速攻で母親と書店に行きオーディション雑誌を買い、スクールを探して大阪の音楽学校キャレスボーカル&ダンススクールに入学します。そこでゴスペルやソウルミュージックなど洋楽を中心にボーカルの技術を学んでいます。

アーティストとして音楽性のルーツが洋楽にあることも大きな理由なんですね!。文化の違う音楽を学ぶ内に語学の下地が作られていったことが英語学習に関係していそうです。

早いうちから洋楽に触れ、ボーカルレッスンなど発声についても同時に習っていたことが今のように上手な発音ができる理由一つです。このあたりが英語での歌唱や演技など語学力を応用することにまでつなげられてる部分のようです。

松下優也の英語が上手な理由その②渡米経験

NY

出典元:トラベルコ

実は松下優也には渡米経験があります。

中学3年生の時には受験を巡り母親と衝突し、ソウルミュージックに魅せられた自身のルーツのNY(ニューヨーク)へ単身渡米しています。

訪れたNYで「やっぱり自分には歌しかない」と確信し帰国。

中学生で生の英語の環境に一時的でも身を置いた経験は英語学習にも積極的になれた一つの理由になっていそうです。

NYでは英語が全くしゃべれなかったのでお店の人にからかわれてしまいます。その経験については差別とは思わなかったそうですが、同時に難しい問題だという考えが松下優也の中で生まれています。

本格的に語学留学などをしていたわけではありませんが、渡米経験は英語に対して興味を持つきっかけになったり、生の英語に触れるいい経験にもなっています。

文化の違いや差別の問題など積極的に動き色々なことを体験した結果、語学のスキルのような明確なものだけでなく色々な考え方も学んでいます。

こうした経験や培ってきた歌の技術などが英語力の秘訣のようです。

スポンサーリンク

松下優也の英語 まとめ

  • ドラマでは流暢な英語でスピーチや英会話の演技ができていた
  • 世間の反応も松下優也の英語力に感嘆
  • 語学力は演技や歌など相当な物
  • 英語が上手な理由は幼少期から洋楽を学んだことや渡米経験

松下優也の英語が流暢なことに調べましたが、しっかりとした語学を身に着けていました。

語学に加えダンスや歌も上手なのでこれらのスキルを合わせて考えるとこれからの活躍にも期待が膨らみます!!。是非世界でも活躍していってほしい人材ですね!。

以上、松下優也の英語に関する話題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)