【Pay money To my Pain】Kの死因は急性心不全!ドラッグや自殺ではない理由!

  • 心不全の原因は精神疾患(うつ)
  • 行政解剖の結果ドラックや自殺ではない
  • 死因の心不全についても詳しく
  • kさんとロックバンドONE OK ROCKのtakaさんとの関係

この記事ではKさんの死因の急性心不全や患っていた精神疾患について分かります。

スポンサーリンク

命日は?

Pay money To my PainのボーカルのKさんは2012年の12月30日に急性心不全で他界されています享年は31歳でした。

Kさんは横浜市内にある自宅で12月30日の朝に急性心不全で亡くなっています。葬儀に関しては、ご遺族の意向で近親者のみで執り行われました。

スポンサーリンク

死因は急性心不全

急性心不全で他界したKさんですが亡くなる半年前から精神疾患に苦しんでおり、その治療中のことでした。

精神疾患のためツアーは中止し、復帰に向けリハビリに励んでいました。そんな中、死亡する2日前にの12月28日には復帰プランをメンバーで話し合うことになっていました。

29日にはメンバーに向けて年明けにみんなで会おうとメールを送ったことがメンバーへの最後のメッセージになりました・・・・

死因に関しては精神疾患を患っていたということで、自殺や薬物によるショック死のウワサも飛び交いました。

精神疾患はうつ?

Kさんの精神的疾患とは具体的に公表はされていませんが、一説にはうつではないかといわれています。

Kさんは精神疾患より、入退院を繰り返しています。そのため精神的ストレスでうつが悪化した結果、肉体にも不調をきたし急性心不全で亡くなった可能性があります。

この投稿をInstagramで見る

Pay money to my pain(@_paymoneytomypain_)がシェアした投稿

Pay money To my Painというバンドは作詞をボーカルであるKさんが手がけています。バンド名の「俺の痛みに金を出せというの意味から分かる通り、Kさんは怒りや不満を楽曲制作につなげるスタイルで曲作りはKさんの人生の痛みを表現するタイプです。そのため楽曲制作はしんどいものがあったのかもしれません。

Kさんはそういったタイプの人間なのでミュージシャンとしての生き方は強い苦痛を抱えおり、痛みや苦痛を吐き出して苦しみ、もがきながら音楽を作るという生き方はKさんらしかったのやもしれませんが、とても大変だったようです。

痛みを抱えながら音楽でその痛みを表現する繊細なKさんの生き方は精神疾患を抱えてしまうのは必然だったのかも・・・・

死因究明・行政解剖による結果ドラッグ・自殺の可能性はナシ!!

一部の噂では死因にはドラッグによる急性のショック死や精神疾患からの自殺とも言われていますが、ptpののベーシストのT$UYO$HI(つよし)さんのブログによるとKさんの行政解剖の結果、自殺の形跡や薬物の反応は全くなかったようです。

2012年の12月30日に亡くなったKさんでしたが訃報が伝えられたのは年明けの10日でした。発表が遅くなったことには死因究明のため行政解剖を行ったことで数日経って事務所はコメントしています。

詳しい死因・結果は?

ドラッグや自殺というのは根も葉もないただのウワサでした。

心不全は病名ではなく体の不健全な状態を指しています。まず心臓の働きが低下し、血液の循環が悪くなり息切れなどを伴い健康状態を悪化させます。

日本循環器学会と日本心不全学会の心不全の定義では・・・

「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」

出典:一般社団法人日本循環器学会

と言われ、心臓という血液を全身に送り込む重要な臓器が弱ることで徐々に衰弱したり元気がなくなっていく物です。

2019年4月5日にバンドの『ヒトリエ』のボーカル・ギターのwowakaさんもKさんと同じ31歳の若さで急性心不全で亡くなっています。

引用:fromAしよ!!

急性心不全は加齢によりリスクは高まりますが、30代や40代といった比較的に若い人でも起きます。

ストレスなどを危険因子にして、心筋梗塞になりそれにより、急性心不全が起きます。

心不全の危険因子
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 脂質異常症
  • 喫煙
  • 肥満
  • 運動不足
  • 偏食
  • ストレス

Kさんの場合は、喫煙とストレスが主な原因です。

痛みを表現するKさんは日ごろから強いストレスを感じていました。精神疾患も抱えていたことで、入退院を繰り返していたり、そういった生活が急性心不全の引き金になったようです。

職業柄人前にも出る仕事ですし、ストレスは一般的な人よりも多いでしょうし、ステージで輝くのも楽ではなく文字通り命を燃やしていました。

急性心不全で亡くなる若い人はそれなりに多いので、とても残念ではありますがこればかりは仕方がないことなのかもしれませんね・・・・

他にもDragonAshやFear, and Loathing in Las VegasのベーシストもKさんと同様に急性心不全で亡くなっています。

スポンサーリンク

KとTAKA

海外でも活躍する人気ロックバンドONE OK ROCKのボーカルTAKAは生前から対バンなどの交流があり、KさんやPay money To my Painをとてもリスペクトしています。

引用:twitter

そんな中で今回の訃報を受けて発売されたptpの4thアルバム『gene』ではKさんが生前録り終えていた曲とボーカルが未収録だった曲にゲストボーカルを迎えています。その中の一人にONE OK ROCKのTAKAが選ばれ、ptpのアルバムに参加しています。

この投稿をInstagramで見る

Jun✴︎(@jun_10969.1031)がシェアした投稿

アルバムに参加したTAKAさんコメントが公開されています。

“Voice From Friends”

こんな形でこのアルバムに参加したくはなかったですが、
全ての曲を聞き終わった後に本当に自然と涙が出てきました。

それはなんとも言えない感情であり、

言葉では言い表せない感情でした。

ただ僕も一曲ではありますが、

魂を込めて歌わせてもらいました。
そしてその魂をあのアルバムに参加した

全てのアーティストからも感じました 。

悲しくもKの最後の歌声になってしまったアルバムですが、
Pay money To my Painを知ってる人にはもちろん、

知らない人にも聞いて欲しいと思います。

-Taka(ONE OK ROCK)

引用:激ロック

KさんをリスペクトしていたTAKAさんだったので、このような形で関わることになったのはとても残念だったことがコメントからも伝わってきます。TAKAさんとしても不本意だったようですね・・・・。

引用:youtube

こちらがTAKAさんが参加した『Voice』という曲の歌詞の一部です。

i hear your voice

鳴り終わる その音はその後もまだ僕らのカラダん中
残響が埋め尽くしてる
そこから聴こえてくるモノは言葉やメロディではなくて
今も僕の中で生きている彼の声

引用:はなゆうのとっとこ人生

Kさんはファンだけでなく業界への影響も計り知れない人間だったようですね。圧倒的なカリスマと心を打つ楽曲が音楽シーンへの影響力がリスナーだけでなく業界関係者にもあったようですね。

ちなみにONE OK ROCKのアルバム『人生×僕=』に収録されている「Smiling down」という曲はKさんにささげた曲ではないかとも言われています。

この投稿をInstagramで見る

【Pay money To my Pain】 ・ 久しぶりにOORではないpost そのぐらい心が動きました😭 * PTPのボーカルだったKさん もうなくなってから7年になるのですね ・ ブレアフェスでは OORのTakaをはじめ 出演バンドからボーカルを迎えて 演奏されていました が、最後の2曲は ステージにマイクスタンドをたてて 映像を流し、Kさんの声を流すスタイルに * この光景を見たら リアルでのPTPを知らないのに 本当に涙が止まりませんでした😭😭 * 置いてあるマイクスタンドは 彼がもういないことを 改めて教えているようにも思えるし このスタイルでの演奏にいたるには メンバーでどんなことを話したのかな * coldrainの復活してほしいという思いに どんな気持ちで応えてくれたのかな * PTPが復活しようと思える coldrainは信頼される人たちなんだな * いろんなことを考えさせられました😭 * 今も思い出したら泣けてくる PTPの復活の日に立ち会えたこと 心から嬉しいです✨✨✨ ・ ・ ・ #ptp #ptpk #paymoneytomypain #10969taka #oneokrocktaka #taka #oorerさんと繋がりたい #oorerさんとの繋がりに感謝 #ブレア #BLARE#blarefest #ポートメッセ名古屋 #ポートメッセなごや #coldrain #大切な人の手は離すな #京都 #四柱推命 #四柱推命鑑定師 #稀鈴 誘ってくれたAさん💓ありがとうございました🙇‍♀️ またお会いできますように✨✨✨

稀鈴(きりん)(@o_kirin10969)がシェアした投稿 –

音楽シーンで圧倒的なカリスマを見せていたKさん彼は亡くなってしまいましたが、彼の音楽は色あせることなく現在でもファンを増やし続けています。

ロックスターが早世したからと言って安易に神格化するのではなく、Kさんが生きた証として伝説としてではなく楽曲を楽しみたいですね!。Pay money To my Pain、機会があればぜひ聞いてみてくださいね。

Pay money To my PainのKについて調べてみました。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)